高橋大輔選手のシングル時代の超名作「eye」を最大限暑苦しく語っちゃいますッ!!!

高橋大輔選手のシングル時代の超名作「eye」を最大限暑苦しく語っちゃいますッ!!!

スポンサーリンク

超がつく大名作「eye」

シングル時代からの高橋大輔選手のファンの皆様・・・。

皆様の中にバンクーバーオリンピックのショートプログラム「eye」が嫌いな方はいませんよね?

ていうか、「eye」と聞いたら自動的に鼻血と叫び声が出るくらい大大大好きですよね???!!!

私もですわああああああ!!!!!😄😍💓

暑苦しく背景を語る

万が一当時の時代背景をご存じない方のために軽〜く解説しますと・・・


バンクーバーオリンピック前年の2009年に高橋選手は右足膝の靭帯と半月板を損傷。
手術と過酷なリハビリを経て復帰のオリンピックシーズン。
怪我の影響で、以前はフリーで二本飛べていた四回転が戻っていない状態だったのですわ・・・。


さらに、このころは難しいジャンプを入れて回転不足をとられるより、飛ばずに綺麗にまとめた方が勝てるという謎な時代でもあり・・・
怪我から復帰したばかりの高橋選手にとっては、この時流に乗って四回転なしのプログラムをショート、フリーとも滑り切った方がはるかにお得だったのですわ・・・。
(てか、そうしていたら多分金メダル取れましたな😭)


がッ!!
我らが大ちゃんはフリーで四回転を飛ぶ気概満々!!
それでも「本当に飛ぶの?」と国内外のメディアは大騒ぎ。
そんな中で迎えたショートプログラムだったのです・・・😭
(ちなみに当時は四回転はフリーに1本入れば十分だったのですじゃ・・・)


世界の中心で「eye」を叫ぶ!!!

印象的なガラスの音とともにプログラム開始。
動き初めからいきなりカッコいい!!(*♥¡¡♥)・:∴ブハッ
ジャッジ席にチラッと視線を走らせるのがまたいい!!!
この衣装も実にイイですよね〜〜〜😍


最初のジャンプは3F-3Tのコンビネーション。
高橋選手はフリップとルッツの踏み切りも綺麗。
このジャンプを降りた後から次のジャンプに行く間の0:59の音ハメも大好き😍


次の3Aもそれはそれは美麗💓
跳ぶ前の加速、降りた後の流れとも完璧!!
このジャンプの後の1:09〜1:11あたりの表現もタマラン・・・!!


改めて見て思いましたが、前半にジャンプを3つ決める間のスピードが半端ないです。
その流れの中で最後のジャンプ、3Lzも綺麗に決めた!
続くスピンも早い!シットスピンは低く、レイバックスピンは綺麗なポジションで早く、申し分のない出来!!💕



その次はいよいよこのプログラムの見せ場の一つ、ストレートラインステップシークエンス。
(ちなみにこの頃は男子ショートにはステップシークエンスが2つあったのです)
大ちゃんがリンクの端に行ったところでもう客席が大騒ぎ!!
そこからゆっくりとステップを開始するのがなんとも言えず妖しくて色っぽい😍


このステップはもう全部が素敵すぎですが、1:54〜1:59あたりの一連の動きが特に好きですねえ・・・。
あと2:09〜2:11の完璧すぎる音ハメも!
ストレートラインステップの最後をツイズルで駆け抜けるところもカッコよすぎ!!
お客さんも思わず歓喜の渦ッ!!😄


そこからリンク中央付近へ戻ってスピンを回り。
スピンが終わったところで再び「eye」のカッコいい旋律がッ!!
ここの2:31の腕の動き〜そこからくるっと回ってタメといて・・・もニクイ!!!😍😍😍😍😍
プログラム開始時から鼻血出ていましたが、このあたりではもう止まりません!!(*♥¡¡♥)・:∴・:∴・:∴・:∴ドブー


サーキュラーステップの始まり、曲の盛り上がりに合わせて二回ジャンプ!!
ここでもうお客さんがGYAーーーーーー!!!😄
もちろん私もこのシーン大好物!!
これを読んでいるアナタもきっと、いや絶対にそうでしょう!!!!😍😄😍😄
こんな大ちゃんが目の前を駆け抜けていくなんて、ジャッジもきっと鼻血を吹いていたに違いありませんな!!!😆



その後もステップで円を描きながらリンクの反対側へ行って、チラッと振り返ったり静止して足でリズムを取ったり🎶
あと、大ちゃんは演技中の頭の動かし方もキマってるんですよね💓
3:04のステップ終えた後の静止〜駆け出すような動きもステキ!!😍
こんな振付って一体どうしたら思いつくんかしら???😍


最後のスピンもスピード落ちずに低いポジションで綺麗に回り。
曲の終わりに合わせてカッコいいポーズでフィニッシュ決まりましたよーーーーーーーー!!!!!😍💓😍💓😍💓
KYAーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!


「eye」小ネタいろいろ

上のレビューでも書いた通り、ガラスが割れる音で始まるプログラム「eye」。
実はこの音、大ちゃんのガラスのハートを演技前に割っておくという意味を込め、音楽担当の方が入れた音なんだとか😲

(こちらの動画よりの情報。説明場面から再生するようになっています)

大ちゃん、愛されてますね😭


それから「eye」の振付をした宮本賢二先生の話。

(こちらの動画よりの情報。該当場面から再生するようになっています)

なんでも簡単にできすぎてしまうのが、あえて言えば大ちゃんのスケートの短所とのこと。
「eye」のものすごく難しいステップもすぐにできてしまうので、大ちゃんを刺激するような振付を後で付け加えたりするらしいです😲
また、動画の冒頭では「eye」をショートの音楽に選んだ経緯の話も。



さらにこちらの動画では、「eye」の衣装について驚くべき事実が明かされています😂
そ、そんな・・・あの衣装大好きだったのに・・・・・・😂


シングル時代と現在

そんなこんなで、やっぱりeyeは最高!

そんでもって大ちゃんも最高です!!😍

激動のシングル時代に続き、アイスダンサーとしてまさかの活躍を見られる現在はまさにボーナスステージ❗️😍

じきにやってくる四大陸選手権と世界選手権も、思いっきり楽しく応援しましょう〜〜〜〜📣😄👏🎉